何かをやめてみる。すると自分がどうやってモチベーションを保っていたのかが明確になる。

 

何かをやめることで気づく事がある。最近謎の疲労感が溜まっていたため、普段やっている文章作成や読書などをやめてみた。これらは仕事柄子どもに関係するものばかりだったので、日常でも仕事の事ばかり考え、疲れていたのかもしれない。

 

このように普段行っている事をやめてみると、自分の状況を冷静に見つめ直す事ができる。仕事に夢中になり私生活がおろそかになっていた事、自分の生活で何を優先したいか見失っていた事…。

人によって気づきは異なるだろうが、自分の人生で大事な事を思い出す。

 

  

それと同時に、日常で自動化されている習慣の大切さを思い知る。深く考えず、やる気を無理やり出さずとも行えるのだから。

そこで、何かをやめてみる前の生活で、習慣化に結びついていたと思う自分の行動をまとめてみる。

 

 

◯自分の習慣

・5分でもやってみる

・時間制限

・具体的な目標設定

 

・5分でもやってみる

→ 何事もやり始めるとやる気が湧くので、5分でも1分でもいいから時間を設けて取り組んでみる。やる気が無くても「5分ならちょっとだしやろう」と思える。そして行動に移すといつの間にか30分経っていたりするのだ。

やる前はどうしても億劫になる。だから達成可能な目標、負荷が少ない目標をたて、とりあえず行動に移せるようにするのだ。行動に移せたらこっちのものである。

  

・時間制限

→ ダラダラとせず集中して作業できるように時間制限を設ける。文書作成でもダラダラ時間をかけて書いた文と、短期集中して書いた文とで完成度に大差はない。ならば時間を有効活用するために時間目標を立て、短時間で終わらせた方が良い。

 

・具体的な目標設定

→ 目標は具体的にすると見通しが立つし、今何をすれば良いのかが分かる。

例えば1ヶ月で1㎏痩せる、とダイエットの目標を立てたとする。その場合1週間で250g痩せれば良いので、金曜日に100gしか減らせていなくても土日で調整すれば良い。

この時に大切なのは、達成可能な目標を立てることだ。 無理な目標を立てると心が折れてやる気を失う。

 

 

・リベ大でモチベを上げる

→ 毎朝更新されるリベ大(リベラルアーツ大学)の動画をYouTubeで観る。

リベ大とはお金の知識を動画で学ぶYouTube上の大学である。お金は生活に不可欠なので、その知識を得ると仕事を頑張ろうと思えるし、貯金や投資などの新しい知識を得ることが刺激になる。

 

・読書目標→ 知的好奇心や向上心につながる

 

 

しかし習慣化させるのは大変時間を要するものだ。それに例え2、3ヶ月続けても、数日サボってしまえばやらないのが普通になる。

では、習慣化させるにはどうすればいいか。

・最低3ヶ月程度は続ける・歯磨きをしながら習慣化させたい事を行うなど、普段必ずやる事と結びつける。

と良いらしい。2番目の普段の行動と結びつける、が自分の中で具体的なイメージが湧かないので、 どの行動と結びつけるか、今後考えてみようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

・読書量の低下が、思考力や知的好奇心の低下につながっていた。

ワードプレスへの投稿

・自己肯定感を高める→子どもに共感し、子どもの行動や考えを認める。好きを認め、伸ばす

・何かをやめてみる。すると、自分がどうやってモチベーションを保っていたのかが明確になる。・読書をすることで知的好奇心が湧く。本のタイトルを見ているだけでもそれは可能。本が売れるために、興味が湧くタイトルが山程ある。

 

リゾナーレ那須へ宿泊。自然を満喫し、身も心もリラックス。

 

木々が生い茂る自然の中で、マイナスイオンを感じながらハーブティーを楽しむ。リゾナーレの中だけ時間がゆっくり流れているかのようで、身体も心も日常の忙しさを忘れリラックスできる。

 

先日、星のリゾート「リゾナー那須」に宿泊してきた。

今回の旅の目的は「自然に囲まれた地で癒される」だったが、その目的を期待以上に満たし、ゆっくりとリラックスする事ができた。自然の中で日常を忘れてリラックスしたいならここに泊まれ!、と言いたくなるほど満足感のあるお宿だ。

 

 

そこで、リゾナー那須がどのように魅力的だったか紹介していきたいと思う。

 

●木々が生い茂る大自然の中でリラックスし、非日常感を味わう。

●様々なアクティビティを楽しむ

●宿の内装やインテリアがオシャレ

●新鮮な野菜を楽しむ

 

 

●リラックス

チェックインを済ませ宿へ向かう一歩を踏み出すと、そこには木々に覆われた自然が一面に広がっている。澄んだ空気を吸いながら部屋に向かって歩いているだけで、日々の喧騒を忘れゆったりとした心持ちになる。

また本館から別館、POKOPOKOというカフェに向かう間の道も木々に囲まれており、まるで森の中を散歩しているような気分になるのだ。

 

 

●農場やカフェがあり、様々なアクティビティを楽しめる。温泉も。

ゾナーレ内にアグリファームやPOKOPOKOというカフェがあり、そこで様々なアクティビティを楽しむことができる。

例えばアグリファームでは、ハーブティーを自分でブレンドして飲んだり、サコッシュというハーブティーの香り玉を作れる。カフェではアイスやティー、フラッペ?などを楽しむことはもちろん、窯焼きピザ作りの体験ができるという。

この他にも焼きマシュマロ作りや火おこし体験、サイクリングなどのアクティビティがたくさんあり、リゾナーレ内で一日中楽しむ事ができる。

 

●宿の内装

自然と調和、木の温もりを感じられるインテイアや内装。

私が泊まった部屋は緑を基調としたインテリアで統一されており、ベランダ付きだった。外の自然からかけ離れた都会的な部屋ではなく、木の温もりを感じられ、外の木々と部屋が調和してるかのような内装。インテリアの緑色も自然感をUPさせている。

またベランダでは自然を存分に感じながら紅茶などを飲み、くつろぐことができる。

 

●新鮮な野菜

ファームがあるためか野菜が新鮮でみずみずしい。歯応えもシャキシャキしている。また農場から仕入れている牛乳の味が濃く、これまた美味しい!

 

 

 

ただ散歩しているだけでリラックスできる。マイナスイオンを感じながら身も心も癒したい、自然を存分に感じて非日常感を味わいたいという方は、リゾナー那須に宿泊してみてはいかがだろうか。

 

 

 

 

 

 

・物事の優先順位をつける→片付け、文章作成、記事作成、料理、

◯時間で区切る→今日は掃除を30分でやると決めた。実際は1時間ほどかかったが。

・コロナ禍でも外出を楽しむ方法はないだろうか?

 

人よりペースが遅いからこそ見えてくる景色があると思う

人よりペースが遅いからこそ見えてくる景色があると思う。

日本ではいつも「皆と同じ」を求められる。皆と同じように行動して、仲良くして、自分の気持ちより協調性が大事だと言われる。

だから人より感情的だとワガママだ、上手く気持ちが切り替えられず泣き続けていると、あの子は普通じゃないと言われる。

人より遅くたって良いじゃないか。感情を抑えるより表現できる方が魅力的じゃないか。それに発達とともにいずれ抑えられるようになる。いずれできるようになると温かく見守る姿勢が、大人には必要だ。

 

 

それに社会という型に当てはまる人間を育てるのではなく、創造性や主体性を育てるのが教育の本質ではないだろうか。保育士法?にも、「創造性や主体性を育て、国や社会の問題を解決へ導き未来をより良くする人材を育てる」?との記載がある。

確かに社会で働くにはある程度の協調性は必要になる。情報共有や会議などはどの分野の仕事、どの会社にもあるし、そこでコミュニケーションをとることで仕事が円滑に進む可能性もある。

けれど協調性ばかり育てていると、自分の意見を押し殺してまで周りに合わせる人間になってしまうかもしれない。そうすると自由な発想を発信しなくなり、創造性が失われていくのではないだろうか。

それに協調性がなくても創造性がある人はいる。そういう人たちは社会をより良くする発想を次々と思いつき、実行してゆく。既存の概念に囚われない新しい思いつきが、変化のスピードが早い現代では求められるのだ。

 

そういった若い芽?を摘まないためにはどうするべきか。

子どもたちの自由な発想を否定する事なく受け入れる懐の深さ?柔軟性が大人たちには求められる。

 

 

 

・ゲームやクイズ感覚で勉強 

 

新生活への不安を減らす方法

春。出会いと別れの季節。引越し、入学、入社、異動… 環境が大きく変わる人もいるだろう。別れが寂しく、新しい出会いに不安や期待を抱いているかもしれない。

 

いくつになっても別れや出会いには慣れないものだ。別れはいつだって寂しいし、新しい環境に馴染めるかどうか不安になる。周りの人と仲良くなれるだろうか、受け入れてもらえるのだろうか…。

この不安を少しでも軽くする方法はないだろうかと考えてみた。  

・受け入れる側はどうするべきか。

→仲間に入りやすい雰囲気を作る

・入る側はどうするべきか

→最初はあまりでしゃばらずに様子をみる。その後、自分の行動を調整(修正)しながら徐々に馴染ませていく。

 

 

まず受け入れる側は、仲間に入りやすい雰囲気を作る。

どんな人だって、馴染めるかどうか不安を抱きながら新しい環境に入っていく。そんな不安状態なのに、新しい職場の人に話しかけて無視されたら心が折れるだろう。環境に馴染むより先に心が疲れ切ってしまう可能性だってある。

だから受け入れる側は、話したり、会話に入れる雰囲気を作って歓迎ムードを出す。ただでさえ新人は仕事の内容や社員の情報がゼロなので、繰り広げられる会話についていけないのだから。

新人を会社や組織に根付かせたいのであれば気にかけたほうが良いだろう。いつまでも身内話で盛り上がって、身内だけで楽しんでいたいのであれば別だが。

 

 

・入る側はどうするか

→新しい環境では、でしゃばらない方が良いと思う。自分たちが築き上げた環境を、新参者に乱されたくないだろうから。でしゃばりすぎると排除される可能性もある。最初は様子見をして、徐々に馴染ませていけば良いのではないだろうか。

 

 

 

 

 

最近思ったこと。試着について、パートについて、卒園式の歌について、 

・大人しい子(自分のことは自分でどうにかする)・教育とは、偏見を学ぶこと?

・子どもは大人じゃない・子どもの強みに目を向ける。・好きな事と勉強をかけ合わせる。

 

年収130万円の壁を超えたらどうなるか

 扶養の保険に入れば、社会保険料や年金の負担が減り、家計は大いに助かる。

 日本ではパート勤務の年収が130万円未満であれば、旦那の会社の保険、つまり扶養の保険に加入できる。これには社会保険料だけでなく年金の支払いも含まれる。なのに旦那の社会保険料の額は増えないというお得な制度なのだ。

このように保険料や年金の負担が減るので、保険の扶養内で働いている方は多いだろう。

   

だが、うっかりしていて年収が130万円を超えてしまったらどうなるのだろうか。保険料の負担は増えるのか、将来もらえる年金額は変わるのか。

  • 130万円を超えた場合の手続き
  • 保険料はどうなるか
  • 年金額はどうなるか

以下ではこの3点について書いていく。

 

 

  • 130万円を終えた場合の手続き

扶養の保険から外れ、国民健康保険国民年金に加入する必要がある。

まずは旦那の会社に「扶養控除等移動申告書」を提出する。また、社会保険の被扶養者移動届けを提出する。

その後、年金事務所に「健康保険・厚生年金保険資格取得・資格喪失確認通知書」の交付を求める請求書を提出し、通知書を持って市役所で国民年金国民健康保険に加入手続きをする。

 

 

  • 保険料・年金

国民健康保険

国民健康保険料は前年度の総収入額によって支払額が変わる。例えば前年の総収入が160万円以内だと、支払額は月々1万5千円ほどになる。年間で18万円だ。前年の年収が多ければ多いほど、支払額は増える。

また、支払いが自己負担になったからといって保険内容(傷病手当や障害手当)が手厚くなる訳ではない。

保険内容は扶養でも国民健康保険でも変わらないので、扶養内に収めた方が負担は減る。

 

  •  将来貰える年金額は増えるのか

国民年金は一律で1ヶ月1万5千円ほど。年間で18万円になる。将来貰える年金額は扶養も国民年金も同じ。扶養で支払われていたものが自己負担になっただけだ。

 会社の保険に加入できれば別だが。厚生年金。

 

 

結論

130万円を少し越えただけで保険料や年金の負担がかなり増え、手取りが少なくなる。例えば昨年の年収が160万円以内だった場合、保険料18万円、年金が18万円で年間36万円の支払いが発生する。

年収が150万円あれば手取りの減りを感じにくい。ので、130万円を超えるのであれば、、

 

 

 

 

 

 

・産休育休・試着

・産休の期間や、パートが取れるのか→復帰率は5割ほどと少なめ?

・年間で100万円。子どもが産まれるまでにいくら貯蓄が必要か。・FIREについて

・会社の社会保険に加入していれば出産祝い金が貰える。50万円ほど?

・FPや簿記の資格について

 

 

マイホームと賃貸のメリットとデメリットを比較してみた

持ち家は必要なのだろうか。確かに老後の事を考えると、65歳を過ぎても家賃の支払いがなく安心して住める家があるのは魅力的である。

けれど数千万という一生に一度の大きな買い物だ。修繕費もかかるし、その場所から動きづらくなる。しかもローン、つまり借金をする必要があるのだ。

 持ち家か、賃貸か…。ここではそれぞれのメリットデメリットを比較してみようと思う。

 

◯金額 ◯引越しやすさ(居住の流動性

[年齢設定]現在30歳。80歳までの50年間分の金額を計算する。

 

●持ち家:3000万円の家。30年で返済の場合。→月々8〜10万円ほど

・総支払額 :6500万円ほど(3000万+利息、固定資産税、修繕費や積立金など)

 

利息はおよそ1000万円ほど。頭金を300万円とすると、残りの2700万円÷30年÷12ヶ月で月々7.5万円。➕利息の1000万円なので、月々10万円程の返済となる。

これにボーナスを年間で15万円ほど返済に充てた場合、月々1.5〜2万円ほど返済額が安くなる。

また、固定資産税や修繕費もかかる。固定資産税は50年間で500万円ほど。つまり年間で10万円。管理費や修繕積立金は50年で1000万円を超える。

◯メリット

 ・老後の住まいがあるという安心感・リフォームなど、自分の好みに改造できる

◯デメリット

居住地を変えづらい・利息が高額

・ローンを組む必要がある・災害で損壊する可能性あり

・築年数は60歳時点で30年ほどになり、どんどん古くなる。 

 

●賃貸

・家賃が8万円だと、30〜80歳までの50年間で4800万円。

総支払額:5300万円ほど(4800+更新料や引っ越し代500万円)

・10万円だと、50年で6000万円。➕更新料や引っ越し代500万円。 →総額6500万円ほど。

◯メリット

・引っ越すことで、いつでも新築に住める

・ご近所トラブルが発生しても、引越しで解決可能

◯デメリット

 ・高齢になっても家賃の支払いがある。契約時に高齢者審査が必要な場合も。

 

持ち家と賃貸では、家賃にもよるが金額に大差はないようだ。よって、どちらを選択するかは自分のライフスタイルや優先事項から決めると良い。

居住地を縛られず、好きな時に好きな場所に住みたければ賃貸の方が、老後に家賃を支払うのが不安であれば持ち家が良いだろう。

まずは、今の地に定住する予定なのか転勤があるかなど自分のライフプランを確認しつつ、住居に求める優先事項(引っ越しやすさ、安心感など)を考えてみると良いかもしれない。

 

 

 

・持ち家なら貯蓄はいくら必要か・子どもにかかるお金(年間の貯金額と年間の子育て費用) 

 

心理の資格、臨床心理士とカウンセラーの取得方法について比較してみた。

心理系の資格を取りたい。けれどどの資格を取れば良いのだろう。臨床心理士、カウンセラー、産業カウンセラー…様々な資格があるが、難易度はどれくらいなのか、仕事に有利なものはどれなのか。

ここでは臨床心理士とメンタル心理カウンセラー、 それぞれのメリットやデメリット、取得方法の難易度を比較してみる。

  

臨床心理士

難易度:高い

・大学院受験・2年間の通学・臨床心理士の国試受験・入学費や授業料

 ◯メリット

・社会的信用性が高い資格・専門性が高い・就職先が多い(病院、学校、福祉現場  etc )

◯デメリット

・学費などお金がかかる(学校により異なるが、年間で100万程)

・時間がかかる(2年間の通学と、国家試験)

 

大学院をでる必要があるので、まずは受験勉強をして合格しなければならない。合格した後も2年間の通学、臨床心理士の国試受験とかなりの時間と根気を要するし、授業料などお金もかかる。

社会人の場合は、通学のために会社を辞めなければならないだろう。もちろん通信制の大学院もあるので、働きながら取得している人もいるかもしれないが。

 だが2年間勉強するので専門性は高い。認知行動療法や行動療法など本格的に学んで心の専門家として働きたい場合はこちらの資格がいいだろう。

  

 

●メンタル心理カウンセラー

難易度:中

・2〜4ヶ月など数ヶ月で取得可能・就職先が少ない・費用は数万円

◯メリット

・短期間で取得可能・費用が安い(3〜5万円程)・普段の傾聴スキルUP

◯デメリット

・就職先が少ない・仕事に活かしづらい

こちらの資格は最初に通信で指定の講座を受講する必要があり、受講後に資格試験を受ける。数ヶ月ほどと比較的短期間、費用も2〜3万円ほどの数万円で済むため比較的手が出しやすい。

だが就職先は臨床心理士と比べると少ない。メンタルクリニックが多いようで、精神病院や福祉の現場で働きたい人には不向きかもしれない。

 

 

以上から、本格的に心の専門家として働きたい場合は臨床心理士

傾聴スキルを上げるなど普段の生活に活かしたい、クリニックで働きたい場合はメンタル心理カウンセラー資格を選択すると良いのではないかと思う。