算数でつまずきやすい、位の概念と単位の勉強法について

算数の学習は難しく、多くの子どもたちは途中でつまずくかもしれない。そんな算数でつまずきやすいポイントをどう学習していけば良いか、紹介していこうと思う。

 

◯位の概念(一の位、十の位、百の位など)

 →お金の計算で教える

◯cmやm、mlやリットルなどの単位

 →・mlのmなど、記号の意味を覚える ・ペットボトルなどの実物を用いる

  

◯位の概念 →お金の計算で教える!

算数で最初につまずき易い概念は、位ではないだろうか。

8−3などの計算はできるが、十の位を理解できていないため15−3などの計算が解けない子は多く存在する。また、15−6、15+6など繰り下がりや繰り上がりの問題になると余計にややこしくなり、頭が混乱するだろう。

 

この場合は、”お金”を用いて計算すると理解しやすくなるようだ。

一の位は1円玉、十の位は10円玉、百の位は100円玉で表す。実際にお金を取り出して教えるとより分かりやすいかもしれない。例えば上記の15円−3円の場合は、10円1枚と1円玉5枚から1円玉3枚を引けば良い。残りは10円と2円になる。

また、15−6、15+6など繰り下がりや繰り上がりがある計算もお金を使うと理解しやすい。15−6は15円から6円を引き、9円を余りとして用意する。

 生活に身近なお金なら興味を持ちやすいし、普段の買い物で使うので理解しやすくなるようだ。

 

 

◯mlやリットルなどの単位→

・mlのmの意味など、記号の意味を覚える

1000mlは何リットルでしょう、1kgは何gでしょうといった単位を変換する問題もつまずきやすい。単位を丸暗記できれば良いが、様々な単位が出てくるので中々覚えられない。

 

この場合、mlのmは1000分の1など、記号の意味を知ると覚えやすくなる。

上記のようにmlのmは、ℓ(リットル)を1000分の1に分けるという意味を表す。長さを表すmmの”m”も1000分の1という意味なので、m(メートル)を1000分の1にすればmmに変換できる。

またkgのkは、g(グラム)の1000倍という意味を表す。距離を表すkmの”k”も1000倍という意味なので、m(メートル)を1000倍すればkmに変換できる。

 

 

・ペットボトルなどの実物を用いる

またペットボトルなど、普段の生活で馴染みのあるものを用いると理解しやすくなる。

2リットル入りのペットボトルや500ml入りのペットボトル。給食の牛乳パックは200mlほど。パンダの体重は何kgか。りんご1個は300g程。…

 

子どもの興味があるもので調べてみるとより理解しやすくなるし、何より楽しんで単位に触れる事ができるかもしれない。

 

 

 

 

子どもと向き合う中で感じる事・インデックス投資・お金の貯め方

 算数の勉強法

・単位 ・小2九九→読み方やCD・小3四角形などの図形→実物を見せる

・小4、小数の割り算→ 、・小5最小公倍数→分数の計算

 

算数を勉強する意味

 何故算数を勉強するのだろう。テストで良い点をとるためなのか、受験勉強のためなのか。学校の宿題では割り算やかけ算の筆算を大量に出されるが、単純計算に意味はあるのだろうか。

確かに足し算や引き算は買い物などの日常生活で使うが、少数のかけ算や割り算などは必要なのだろうか。

 

この問いに対して 〜などの本から、こう結論付けた。

●算数は”思考力”を鍛えるために必要

・単純な計算は頭の体操、つまり処理能力を鍛えるため

 

●思考力を鍛える  推論力や予測、論理的思考力

算数の問題では公式を覚える。その覚えた公式の中から、問題によってどれを使うか考える必要がある。これは、”推論力”や”判断力”、つまり思考力を鍛えることにならないだろうか。

 

例えば面積。長方形と三角形の面積の求め方は異なるので、問題によって自分で選択しなければならない。まずはどういう図形なのか角度や直線から推論し、判断する。そしてその図形の面積の公式を使って求める。

面積の問題ひとつとっても、多くの知識を使って推論、判断を行い、思考する必要があるのだ。

 

思考力は生きていく上で必要である。情報過多の現代では自分で情報を取捨選択する力が必要だし、何か問題が生じた時、解決策を考えるためにも必要だ。社会に出てからは仕事をこなすにも必要になる(自分で考える力、仕事の課題解決)

 ・小学生のうちだと→お小遣いの使い方?

そんな生きていくうえで必要な思考力を鍛えるために、算数を習うのではないだろうか。

 

 

・単純な計算は処理能力を鍛えるため

宿題でかけ算や割り算の筆算20問✖️2ページが出るとやる気を失う、面倒臭いと感じる子も多いと思う。よく分からない数字の計算を延々と解かされるのだから、そう感じるのも仕方がないと思う。

 

では、何故計算問題をやるのか。

理由は、処理能力を高めるためだと思う。

 

例えばかけ算では九九を使い計算をし、最後に足し算をする。このような複雑な計算を正確に、できれば素早く行う必要がある。これを繰り返し解く事で、頭の中で物事を処理する訓練をしているのかもしれない。

 

・処理能力は何のために

 

 

 

 

 

国語力→例、要約、主張など、文の構成を把握し読み取る。また、自分もそれらを使用して分かりやすく伝える。

算数に強くなるには→位はお金の計算で覚える。他に、繰り上がりの足し算やくり下がりの引き算も

①少数の割り算の必要性→0.5mを等分する計算や、2mの紐を50cmずつに分ける時の式に使う②最小公倍数や最大公約数→分数の計算の通分や約分時に使用する。

 

・単純な計算は頭の体操、つまり物事を処理する力を鍛えるため。単純暗記や国語の読解とは違う力

・お金の計算💰や、不明な事象の予測をたてる 

 

勉強する意味。勉強は生活に深く結びついている。

何故、勉強をするのだろうか。

志望する学校に行くため、テストで赤点を取らないため…様々な理由があり、どれも正しいように思う。それにそもそも義務教育があるので、勉強が嫌でもやらざるを得ない。

 

 

だが最近は、”世の中の課題に興味を持ち、解決に導くため”にするのではないか、と考えるようになった。

例えば社会科。社会の仕組みや政治・経済の事を学べば、今現在の日本や世界の課題が分かるようになる。

そして、消費税や年金などは自分の ”生活”   に深く関わっており、この問題は他人事ではなく将来の自分に降りかかる事だと気づくかもしれない。

 

 

そう、勉強は自分の ”生活”   と繋がっているのだ。政治や経済、環境問題など、生きる上で避けられない問題へと繋げているのだ。

 

 だが大抵の子どもは、勉強と生活が繋がっているとはあまり思わないだろう。何故なら、学校では生活と繋げて勉強を教えている訳ではないからだ、と思う。

こう思うのは、私自身が生活との繋がりを感じなかったからだ。 学校ではテストで点数を取れれば良く、詰め込み型の勉強だった。深く意味を考えなくても、暗記していればテストの点数は取れたように思う。

でも大人になってニュースなどを見る度に、政治や経済など学校で習った事が自分の生活に重要な事だったと強く実感する。

 

 

誰か教えてくれればよかったのに。勉強は生活と繋がっている事を。勉強する意味を。

そうすれば、勉強をただの受験道具やテスト用の暗記物だと思わずに、楽しく興味を持ってやれていたかもしれないのに。

 

 

だから、子どもたちが社会や経済等に興味を持てるような記事を書きたい、そう思った。

何のテーマに関して書こうか決まっていないが、これから考えていこうと思う。

 

 

 

算数も、普段の生活に結びつけて教える→買い物や、税金、仮説と検証?

・時事問題について→環境問題、政治と金、年金、

・コロナ禍を生き抜くために必要な力とは?

 

生きる力の源は、自信

 勉強は、生きていくのに困らない程度にできていれば良い、そんな風に最近思う。

とは言っても、学校に通うのは義務なので勉強を避けることはできないし、高校や大学などを卒業すると将来の選択肢が広がるのは事実だ。

でも良い学校を出ても社会に馴染めない人は少なからず存在する。勉強ができるのと社会で上手くやる力は全く別物なのだ。

だから勉強も大事だけれど社会で上手くやる力、つまり生きる力を育てる方がより大事なのではないだろうか、と思う。

 

 

そして、その生きる力の源は「自信」だと思う。

自分は他者に受け入れられる、自分ならできる…そういった自信があれば色んな人と関わることができる。人に助けを求める事もできる。仕事で人と関わることは避けられないのだから。

 

 

では、自信をつけさせるにはどうしたらいいか。

様々な方法があるかもしれないが、”子どもを認める”事が大事ではないだろうか。

この認めるとは、考えを認める事、頑張りや存在を認める事を指している。

 

例えば考えを認めるとは、子どもの考えや意思を尊重する事だ。子どもの生きてきた年数は少ない。だが、たとえ数年であったとしても、その数年で自分なりの考えを培っているかもしれない。だからその考えを認め、尊重する。

 

・考えを認める

・頑張り、存在

認められれば、自分の考えに自信が持てるようになる。つまり自分の自信になるのではないだろうか。もし、何か口を出したいのであれば指示ではなく“提案”をし、子どもに撰択してもらえばいい。

  

・これからに必要な力

自信をもつ、子ども同士の関わり、

大人しい子への対策→自分の事は自分で何とかする。

・自信の大切さ、自信を持たせるには(認知)

・大人は自分でどうにかする。・国語力について→これからの時代に必要な力は本当に学力か

 

 

不登校は1日3分の働きかけで99%解決する

不登校は一日三分の働きかけで99%解決する、という本によると不登校は自信の無さが原因だという。自信で満たされているはずの心のコップが空っぽになっている状態。そのコップを、保護者が子どもを褒める事で満たすと、子どもは自然と歩み出すという。

 

確かに、学校で頑張るには自信が不可欠だ。いや、人間関係全般に不可欠、といった方が正確かもしれない。

何気ない会話、行動…皆普段は意識していないが、何をするにしても自信が根底にあってこそ可能となる。

例えば、何気ない会話をするにしても自分の発言を他者が受け入れてくれる、という自信が必要になる。

だから、自信がない人は日常生活に支障をきたす。普通に生きることがひどく困難に感じるのだ。喋りたい時に喋れないし、自信がなくて行動に移せない。そうしてどんどん身動きが取れなくなってゆく。

 

 

そんな空っぽ状態の自信を、コップいっぱいに満たす。自信が満たされれば子どもは自然と歩み出す。

では、どうやって自信を満たすのか。

本書では、子どものいい所を見つけ1日に最低3回は褒める事、そしてそれを根気よく続ける、とある。

 

〜してない、できないなど、人の欠点を探すのは簡単。簡単だからこそ、つい口にしてしまう。そして子どもは“自分はできない子”だと思い、どんどん自信を無くしていく。

だから欠点ではなく良い所を伝える。君は大丈夫なんだということを、言葉で伝え続ける。

もし褒める所が見つからない…というのであれば、ご飯を完食した、など褒めるハードルを下げれば良い。

そして、一気に3つ褒めるのではなく、3回にきちんと分けて褒めるといいらしい。これは、一日に何回も褒められた方が自分を見てくれている、自分を認めてくれていると感じやすいからではないだろうか。

 

こうして自信のコップに毎日毎日水を注いでいく。コップがいっぱいになるのは数週間後かもしれないし、数ヶ月後かもしれない。それでも、少しずつ少しずつ、確実に量を増やしていく。

 

そしてコップが満たされれば、子どもは自然と歩み出すのだ。

 

 

鬱を克服までを描写しているマンガ

Twitterで、あるマンガを見つけた。鬱を治した事について書いたマンガ。

何となく読んでいたが、自分の苦しさ、生きづらさも相まって夢中になって読んだ。最後まで読んだ。心理学の知識も出てきたし(私は心理学科卒)。

読み終わり書いてあった内容を実行してみると、少しだけだが自分の心が軽くなった。常に暗くよどんだ世界にいる私だが、ほんの少し、明るく澄んだ世界が視界に開けた気がする。??

なので、このマンガから得た考え方をブログに残しておく。

◯何の情報?→苦しみから抜け出す、

◯死にたいと思いがち

・自分をいじめない、大事にする

・自分の本心に耳を傾ける

・過去はない

・過去、未来を生きるのではなく、今を生きる→お金に関しても?自分のやりたい事をする?

       四点

・一つ目は、「過去はない」という事。

人は過去の出来事に対して意味づけをしたがる。私もそうだ。苦しい出来事も、自分に必要な事だったと思う。それと同時にこんな自分になったのはその苦しみのせいだ、だから生きづらいのも仕方がない、と思ってきた。

アドラー心理学によると、過去は存在しないという。自分が過去に意味づけをし、現在に活かしているだけだという。?

そこで、自分の過去は無いのだと考える事にした。あの苦しみは私の人生には無かったのだと。すると、常に視界が狭く、頭に重りが乗ってるような感覚が少し軽くなったのである。光をいつもより多く取り込めるようになった。頭も軽くなり、思考がクリアになる。視界が広くなった。

過去があるから生きづらいと感じていたが、その過去は無い。苦しむ理由がなくなってしまったのだ。今まで苦しみを、暗い影を自分で作り出していたのかもしれない。

ならば今の私は何に苦しんでいるのだろう。苦しんでいる事がバカバカしくなってきた。だって苦しめる過去が無いのだから。

 

 

・二つ目は、「自分をいじめない、大事にする」

私は自分に対して厳しい言葉をかけがちである。できたことより出来なかった事を責めたり、心の中でブスと言ったり。極めつけは、死にたい死にたい、と心の中で何度も何度も唱えるのだ。元々自己肯定感は低いのだが、自分で自分をバカにして、余計に悪化させていたのかもしれない。バカにしているとも気付かずに。

なので、自分で自分を苦しめるような言葉を自己暗示のようにかけるのはやめたいと思う。もし言いそうになったら、些細なことで良いから自分の良い所を見つけ、褒め言葉をかけるよう心がけたい。

 

・三つ目は、「自分の本心に耳を傾ける」

本心とは、こうしたい、あれがしたい、あれが食べたい…など自分の欲求とも言える。そして、人は知らず知らずの内に本心に背いている。

例えば、本当は泣きたいけれど、泣くのを我慢する。悲しみを自分の内に閉じ込める。本当は怒って自分の意見を言いたいけれど、言ってもその人には響かないから、言葉を、怒りを飲み込む。

こういった事を繰り返していると自分の本心を聞かなくなる。無視され続ける本心は、本心を伝えることをやめる。すると、自分の中の欲求が無くなってゆく。(心が死んでいく、感情の鈍化?)

欲求は行動を起こすエネルギーである。喋りたいから喋るし、食べたいから食べる。欲求が無くなるとそういった行動を起こす事が困難になるのだ。何をするにも億劫だし、エネルギーが大量に必要になる。無理矢理身体を動かして行動を起こしているのだから。

だから、自分が本当の想い、やりたい事を自分に問う。じっくり自分の本心と向き合う。そして、その想いに共感し、寄り添う。

 

 

保育士試験、一発合格。勉強法②

保育士試験、一発合格。 

大まかな流れや教材については先日のブログに書いたので、今回は私なりに良かったと思う勉強方法について詳しく書いていこうと思う。

 

勉強方法

・教材のページ数や問題数から、一日に何ページ進めるか計画をたてる

・ページに数字を記入し、何ページやったか可視化する

・2週間や一ヶ月後に、一度やった所を復習する

 

●問題を解きながら覚える(単純な暗記だけでは試験対策として弱いかもしれない)

・苦手な科目を何回も復習(重点的に)

 

 

・誰かに説明するように勉強する

・ぶつぶつ呟きながら

 

 

約一ヶ月後までに参考書を終わらせたいのであれば、ページや問題数を30日で割って1日に何ページ進めればいいのかを出す。もし出たページ数が多すぎてできないと感じる時は少し減らす。達成できない計画をたてると「今日もできなかった…」とモチベーションが下がってしまうため、達成できそうな計画をたててモチベーションを保つ。

 

勉強したページに1ページ目であれば1、2ページ目は2と隅の方に数字を記入する。自分が何ページ勉強したのか目で見てわかり、今日はこれだけやった!目標達成!と実感し易くなる。努力の可視化とも言えるだろう。これはモチベーションUPにつながり、今日はもう少し頑張ってみようと自分を励ます糧になる。 記入するページ数を増やすために、今日はもう少し粘って勉強を続けようと思える日があるのだ。

 

勉強した1ページ目には日付も記入している。この日付の2週間ないしは一ヶ月後に復習をするためだ。一ヶ月後に復習してみると、一度間違えた問題を再度間違えてしまう。すっかり忘れているのだ。

人は復習しないと忘れてしまうし、知識が定着しない。復習を繰り返すと、自分にとって重要な事柄だと脳が判断し、長期記憶へと送り出してくれる。繰り返し復習する事が勉強をする上で一番大事な事かもしれないと、試験勉強を通じて改めて実感した。

 

 

●また、問題演習中心で勉強をすると試験対策になると思う。

問題文になると、暗記したはずのものが途端に解けなくなる事がある。暗記自体は一つ一つ丁寧にできるが、問題演習では必要な情報を一気に思い出し正誤を判断する必要があるので、脳の働きが違うのかもしれない。また、文章を読む力も要求される。

なので問題を解きながらついでに暗記をする方が、試験対策としては有効だと思う。間違えた問題は驚きや負の記憶として残りやすいし。また問題文独特の言い回しにも慣れることができると思う。

 

 

⭐︎

あとは、人により向き不向きがありそうだが、個人的に効果があったと感じる細かい勉強法がいくつかある。

一つは誰かに教えるように勉強する、だ。テキストを読んでいると目を通しているだけで、あまり頭に入っていない事が多々ある。なので、誰かに聞かれても教えられる事を意識し、頭の中で架空の人間に教えながら勉強する。教える事は単純な暗記ではなく理解していないとできないので、深い学習へとつながる。

この時、つぶやける環境であればぶつぶつ呟きながら、喋りながらだとより良いかもしれない。頭の中でやるよりも実際に言葉にして教える方が難しく、頭を使う気がするからだ。

 

 

どれか一つでも参考になり、より良い勉強ライフを送る手助けになったら幸いである。